米金融安定化法が成立

いったんは否決されていた米金融安定化法が、修正金融安定化法として成立したようです。

【NIKKEI NET 2008/10/4より引用】
米金融安定化法が成立 大統領「信用収縮緩和に断固たる措置」
 【ワシントン=米山雄介】最大7000億ドル(約74兆円)の公的資金で金融機関から不良資産を買い取ることを柱とする修正金融安定化法が3日、成立した。米下院が同日、上院を通過済みの法案を賛成多数で可決したのを受け、ブッシュ米大統領が即日署名した。米国発の金融危機の封じ込めへ、過去最大規模の税金を投入する金融対策が動き出す。

 大統領は声明で「米経済を脅かしている信用収縮の緩和に向けた断固たる措置になる」と評価。「米国が金融市場を安定させ、世界経済で引き続き指導的な役割を果たすことを示した」と強調した。

 ポールソン米財務長官は「新しい権限を迅速に実行に移す」との声明を発表。公的資金による不良資産の買い取りを早急に開始する意向を示した。ただ資産の買い取り価格など制度の運用には不透明な部分が残っており、売却に伴う損失の処理で金融機関の自己資本が不足する恐れもある。金融危機が鎮まるかどうかはなお流動的だ。
【引用おわり】

これで最低限のセーフティーネットは確保されたと思います。
ひとまず安心といったところでしょうか。
ただ、僕は経済の主役は政府でもFRBでもなく、企業だと考えています。
もちろん、政府やFRBも大切な役割を担っているとは思います。
しかし、それらは支援部隊、サブの存在であり、経済の主役、メインはあくまで個々の企業だと思うのです。

今後は、世界中の各企業が、不振の理由を米国の政策や金融危機のせいにすることなく、自社の本業の生産性を高め、利益を拡大していく不断の努力をしていくことが重要だと思います。
それが世界経済回復への本筋ではないでしょうか。

話が大きくなりました。
あ~あ、僕も仕事がんばらないとな (^^ゞ

関連記事


  





コメント

同感です。私も仕事がんばりたいと思います(投資資金確保のためにも)(笑)。

米企業も日本企業もがんばれ!あと米家計は生産する価値以上の過度の消費を慎んで健全に生活して欲しい。米貿易赤字財政赤字体質を、我々海外からの投資が支えるのでは困りモノ(汗)。

ところで、現状海外ETFはほとんどがドル建て(香港ドルも連動)ですが、長期ドル安傾向リスク等を考慮すると、通貨面でも分散したいなあと切に思います。

米市場についてはVTI等でよいとして、①欧市場を網羅するユーロ建てETF、②EEM同様に新興国をカバーするユーロ建て及び円建ての低信託報酬ETFを売り出してもらいたいものです。。。

こんにちは

とりあえずお金が動かないから突然死ってのは、緩和されることなので、よかったと思います。
うさみみも仕事頑張ります。。。

まだまだ、買い場は続きますよ!

金融安定化法案の通過後、バフェットおじさんが何処かのインタビューに答えていました。
「It will be quiet a while before ressesion bottoms out」
Itは恐らく、NY・DOWかS&P500か株式相場のこと?暫く、この辺りで揉み合うってことでしょうか。

ところで「今日投資したかった」のブログネタ。まだまだ、買い場は続きそうです(汗)。

まずは一歩踏み出しましたね

日本のバブルの時は、ここまで来るのに何年もかかりました。
日本という前例があったとはいえ、米国のスピードには感服せざるを得ないでしょう。
しかし、日本の場合はインチキのような証券化がなかったですよね。
さて、どうなるのでしょうか?
国内株にとっては割安になっていくでしょう。
株価を2年スパンで見ていると今がすでに割安に見えますが、今回の米国バブルで稼いだ輸出型企業株価は05-07年が異常で今は割安ではなく普通という考え方も出来ます。
これからがチャンスですね。
海外株は、ドル円為替が怖いので慎重に診る必要があるのではないでしょうか?

確かに。その通りだと思いますが、
なかなか努力だけでどうにかなるもんでもないですからね・・・。

サラリーマンならば与えた業務をがんばるってことでOKなんですが。
僕のような下請け自営業はいろいろ難しいです。ちょっと弱気です。最近。

企業も個人も責任の所在は、他人ではなく「自己」にあり。人間も、その人間が運営する企業も自己に甘くなりがちですが、まずは自分ができることをしっかりやることが大事ですね。

バフェットのことばですが

投資の勉強のためにブログを拝見しています。投資は素人ですが、英語は多少かじっているので、コメントをさせていただきます。"It will be quite a while before ressesion bottoms out."とは、「景気後退が底を打つまでにはしばらく時間がかかりそうだ」ということだと思います。前後関係がわからないので断定はできませんが、この場合の"it"はSP500などの市場を指すのではなく、時を表す漠然とした"it"だと思います。失礼いたしました。

時間がかかりますね。。。。。

「It」は形式的な主語。
日本語で言えば、主語なしの文章のようなものかと思います。
「時間がかかる、お金がかかる」といった表現でよく見かけます。
あと「quiet a while」ではなく、「quite a while」で、
「景気後退の流れが底を打つまで、かなり時間がかかりそうだ」
 つまり、まだ下がるよ~ という意味でしょう。
 きっと・・・・(^_^;)


>「It will be quiet a while before ressesion bottoms out」
> Itは恐らく、NY・DOWかS&P500か株式相場のこと?


> ただ、僕は経済の主役は政府でもFRBでもなく、企業だと考えて
> います。
> もちろん、政府やFRBも大切な役割を担っているとは思います。
> しかし、それらは支援部隊、サブの存在であり、経済の主役、メイン
> はあくまで個々の企業だと思うのです。

ちょっと違うかな。

私の理解では、今回の問題は、"金融システム" という、"経済の
インフラ"(信用)の問題なので、個々の企業がいくら頑張っても、
どうにもならない面があるかと思います。

下院が件の法案を可決したのは、朗報ではあります。でも、おそらく
その法案だけではダメで、金融機関から不良債権を強制的に吐き出さ
せるような仕組みが、今後、必要になってくるのではないかと思い
ます。復活は、その後ではないかと。

この状況で、給与所得者の個人投資家としてできることは、普段通り
毎月の給料で、コンスタントに買い続けることではないかと。

うーむ、毎度毎度、暴落してもしなくても、同じ結論だなぁ... (笑)

QUIETとQUITE

すみません、読み間違えでしょう。御免なさい。チラッと見ただけですし、どこのURLかも覚えていません。お詫びして訂正します。スペルミスで副詞(かなり)か、形容動詞(静かな)かで意味が違いますね(汗)。

『公的資金で金融機関から不良資産を買い取ること』ではなく

最大7000億ドル(約74兆円)の公的資金で金融機関を資本増強させれば良かったような・・・。

1セントの価値しかない証券を1ドルにして税金に売りつけそうな・・・(汗)

コメントありがとうございます

>Bホールドさんへ

おたがい仕事頑張りましょう!
ところで、為替リスクについてすこし誤解があるようですので、ご興味があれば以下の記事をご参照ください。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-435.html


>うさみみさんへ

仕事頑張りましょう。とほほ。


>Werder Bremenさんへ

どうせ月々一定金額しか捻出できないので、買い場が続けば、それはそれでうれしいです。


>健太郎さんへ

将来のことは僕にはわかりません。
為替について、ドルがやばくなれば、国際分散投資によって、ユーロ・ポンド・元など他の通貨があがってくれるんじゃないかなと思っています。円だけ独歩高にならなければいいかなと。


>マルキールさんへ

あまり無理なさらずに…。


>レバレッジ君さんへ

賛成です。いつも自己責任でいたいものです。
なかなか難しいんですけどね(^^ゞ


>ひろんさんへ

見解が分かれましたね(^^)

たしかに、インフラだからこそ日本でも米国でも特別措置が施されたのだと思います。
しかし、金融は世界経済の重要な要素ではありますが、一要素でしかないと思います。
米国の金融危機と今後の世界経済動向をイコールで結びつけるような短絡的な記載を新聞等でよく見かけるのですが、それはちょっと違うなと思った次第です。
インフラとしての重要性は認識しているつもりです。

個人投資家としての対応は、僕もいつもと同じになっちゃうんですけどね…(^^ゞ


>とよぴ~さんへ

金融機関のバランスシートがここまで痛んでいると、不良債権をきれいにすることと資本増強の両面から助けないとだめなのかもしれませんね。
まったくもう。。。

過去ログとても参考になりました。

余分な通貨転換(本体及び配当)の為替手数料は、合計しても
あまりたいしたことなさそうです。
それよりも、小口分散化することによる販売手数料の増加の方が大ということになりかねません。

また、実態と株価の相違、例えば、ファンドの実態が同じでも、NYとロンドンの各証券取引所での市場評価である株価は異なり得ますが、短期で微細なずれが考えられる程度で、これもたいしたことないです。

肝心なのは、ETFの基準通貨の選択の問題ではなく、投資対象企業群についての各為替リスクそのものということですね。

ぐるっと1週回って戻ってきた感じですが、余分な悩みがひとつ解消されました。
感謝です^^。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大100,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/09/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/09/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)