NY円急伸、対ドルで一時100円台 対ユーロは135円台に上昇

水瀬ケンイチ

対ドル、対ユーロで円高進行中のようです。

【NIKKEI NET 2008/10/07より引用】
NY円急伸、対ドルで一時100円台 対ユーロは135円台に上昇
【NQNニューヨーク=荒木朋】6日のニューヨーク外国為替市場で円相場は急伸。前週末比3円50銭円高・ドル安の1ドル=101円75―85銭で終えた。世界的な金融不安や景気悪化懸念を受け、世界の株式相場が急落。リスク資産を一斉に圧縮する動きが広がり、円買い・ドル売りが優勢になった。円は一時100円22銭まで上昇し、4月10日以来、半年ぶりの円高水準を付けた。円は対ユーロでも急伸し、一時1ユーロ=135円05銭と05年9月下旬以来、約3年ぶりの円高水準を付けた。

 欧米金融不安の根深さが意識されるなか、欧米株式相場が下落。ダウ工業株30種平均は下げ幅が800ドルに達する場面があった。投資家のリスク許容度低下の思惑が強まり、円買い・ドル売りが進んだ。クロス円(ドル以外の通貨の対円取引)での円買いが一時大きく膨らんだことも円の対ドルでの上昇に寄与した。
【引用おわり】

うーむ、ドルもユーロもか。
国際分散投資で外貨比率が高い自分にとって、これはちょっとこたえます。

とはいえ、為替相場については予測不能と考えているので、何か対応できるわけでもありません。
毎月のドルコスト投資の際に、高くなった円で、海外のドル資産やユーロ資産を安く買わせていただくだけです。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ