投資スタンス

世界の株価が急落した激動の一週間でした。
日本でも、生保が破綻したり、REITが破綻したり、サーキットブレーカーが発動されたりと大荒れの様相でした。

投資ブログを巡回してみたのですが、市場から撤退されたかた、新規投資を止めたかた、買い増しされたかた、売り建てたかたなど、悲喜こもごもといった感じでした。

投資スタンスを変更されたかたもいらっしゃるようです。
これだけの事態が起こったのですから、無理からぬことだと思います。

自分はどうかと言われれば、愚直に今までどおりです。
低コストのETF・インデックスファンドをバイ&ホールド。
今月分のドルコスト投資をいつやろうかなぁと考えています。

バートン・マルキールは、「ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理」のなかで、「1987年10月のあのブラックマンデーに株式相場が急落した時、生き残ったのは株式を売らずに持ち続けた個人だったのである」と言っています。
また、ジェレミー・シーゲルは、「株式投資 長期投資で成功するための完全ガイド」のなかで、「たとえ1929年の大暴落の時でさえ、株式への長期投資の優位性は変わらなかったのである」と言っています。

過去の歴史はあくまで過去であって未来もそうなるとは限らないですし、今後株式市場は更に暴落するかもしれませんが、これからも市場にとどまり続けていこうと思っています。


※言わずもがなですが、投資は自己責任でお願いしますね。

関連記事


  





コメント

ほんと、ビックリする1週間でしたね。
これで終わりって訳ではないと思いますので、引き続き自分がどう投資して行くか考えていきたいと所です。

幸か不幸か、売りたい~って言う利益に目がくらむまで相当時間が掛かりそうなので....(汗)

恐怖の一週間

コワかったです。今までの人生で一番 怖かった!?

長期で粘れば、いずれは取り返せると念じつつ、すでに損切りラインはとっくに過ぎてますしね。
バートン・マルキールの言葉を信じて、明日は気晴らしに秋の野山へ出かけようと思います。

水瀬さん 有難う m(__)m

夢?

この世界的な金融危機の前の水準にもどるのはいつになることでしょうか。何年後になるのでしょか。
ま、あの円安株高は夢だったということで自分を慰めるしかないですね。
今回のことでひとつわかったのは投資配分を円ベースだけ考えてはいけないということ。

こんにちは
私はこのタイミングで出動しているのですが、金曜日は想定外
でした。木曜まで組入れを上げて残りはコツコツ積立という
感じにしていますが、いやいや・・・恐れ入りました。
いろいろな指標を見ても新規組入れ増組は水曜あたりまでに
買ってしまったのだと思います。
私も分散しながら相場に居座り続けることにしています

慎重に 継続します

来週も大変な週になるのでしょうか・・

CNNのPodcastを聞いていたら、最初のうちはeconomic turmoilと
言っていたのが、本日は、financial meltdownという表現になってい
ました。なんだか重症度が増したように聞こえます。来週はどう表現
するのやら・・

今月は買いすぎているのかもしれないので、ちゃんとアセットクラスの
割り振りをチェックして、少しずつバランス良く買い足していこうと思い
ます。

長期分散投資を基本においておくと、こういう相場でも狼狽売りは避けられるのですが、逆に、「安値なので沢山買わないと」とか、「暴落したので買い増ししなければ」の買いたい衝動に駆られます(苦笑)

皆さんに「暴落でも冷静に、狼狽売りは勿体ない」とか呼びかけていますが、私自身は「買いたい病で、逆に冷静でない」という罠にはまってますね、、


「こういう時(バーゲンセール)こそ、買いたい気持ちをグッと抑えて冷静に買いましょう」と逆に諭してくれる記事って少ないですね(笑)

根元的に

世界恐慌時にETFはまだありませんでした。ETFを組成しているのは金融機関です。指数との解離が徐々に大きくなってきました。モルスタの終値見てください。預かり資産は保全されてる?何がそれを保証してくれていますか?海外機関投資家は運用会社の破綻リスクを意識しています。保全されても十年近くいじれなくなるかも。貴殿のように長期投資家にはその方がいいのかもしれませんが・・・

同感です。あまりに景気よくバーゲンセールがでるもので、つられて買い進みすぎて6月までの予算が1月分までしかありません。(笑)
でも早く買いすぎてものすごい損失になってます。。。
ほんとに買わずにガマンして引きつけるテクニックが欲しいです~。















買いたい組み♪

私もモンチさん同様買いたい組です(笑)
でも肝心の現金が足りてませんorz
負け組み~(T▽T)

私は1年前の高値まで戻るのを期待するのは個人的にはどうかなーと思っています。だって、バブルに戻るってことじゃん!?だから私は、安いときに仕込みます。

バートンマルキールも

ジェレミー・シーゲルさんの言葉は僕のブログでも紹介したのですが、マルキールさんのほうは見逃してました。結局、アドバイスは「続けろ」なんですよね。

モンチさんやhiwindさんとおそらく同じ気分です。
狼狽売りしようとは思いませんが、「バーゲンなんだから買わなきゃ損だ!」という衝動と戦っては負け(追加投資)、そして徐々に実弾(投資準備資金)が減っていく・・・。

そして今、思っています。。。ドルコスト平均法だけを実践していれば良かったと(苦笑)

まあ、上げ相場になってくれば、また思うことも変わってくるでしょう。

景気付け!

あくまで、投資は自己責任と断っておきます。

ションボリしている投資家も多いでしょうから、景気付けを!インデックスブロガーの方達、指標とかテクニカルとか使わないでしょうが弱気なエコノミスト、アナリスト、評論家が多いなか・・・。10/09付けの記事を参考まで!

http://iforex1.blog46.fc2.com/blog-category-1.html

それと、最近、目に、耳にすることが多くなった、銀行間の貸し借りの指標、LIBORの金利高止まり。資金の目詰まりが恐怖を煽って、銀行が持ち株を投げ売り、手元資金を確保に走っていましたが・・・。

http://www.kabujouhou.com/contents/digest/index2.php?boardno=169007

昨夜、CNBCの実況中継を見てました。注目は取引開始、20~30分頃、物凄い勢いで投げ売りが出たみたいですが、ものの数分で売り物をこなし、猛スピードで反転していきました(↓)。NY証券取引場のトレーダー、猛スピードで下がって行く電光掲示板を息を潜めて見つめていましたが、猛スピードで反転したとたん、「Yeah~」の大歓声!最後の”巨大な売り物”?まだまだボラタイルな相場は続くでしょうが。

http://finance.yahoo.com/echarts?s=%5EDJI#chart1:symbol=^dji;range=1d;indicator=volume;charttype=candlestick;crosshair=on;ohlcvalues=0;logscale=on;source=undefined

もう一度、投資は自己責任で!

買いたい病発症中!

こんにちわ。
第1回インデックス投資交流会で『若旦那』にあれこれ質問した、よんと申します。その節は有難うございました。
先日の交流会も参加予定でしたが、連日暴落のショックで軽く引き籠ってしまい皆様に負のオーラをまき散らさぬようにとキャンセルしてしまいました。

性格上、ドルコスト法が苦手な私は、ドカンドカンとつぎ込んだヤツがあっちゃこっちゃ大炎上中でございます。が、しかし、暴落にも慣れた今日この頃、腹をくくって冷静に見渡すと私にはどう見ても今が絶好の買い場にしか見えません。

母が、元本割れしなければドカンと資金を提供してもいいわよ(ドカンは遺伝)と言うのですが、さすがに親の資金にまで手を出すのはやめました。来週は自分のやりくりで少しでも買い増す予定です。

第3回インデックス投資交流会では、今が懐かしい思い出話になっていますように!!

配当利回りが異常!?

最近の大暴落で日本株の配当利回りが4%、PBR1倍割れが続出しいており、海外ETFでも配当利回りが6%~8%と異常に高い銘柄が続出しています。
私自身の場合は現時点では買っておけばほぼ確実に利益が取れると判断しており、お金が入り次第いつでも買いを入れる予定です。
昨日も配当利回りが高い状態でETFをゲットです。
配当だけで生活できるレベルを実現するのは難しいですが、これに公的年金を加えれば老後は結構、豊かな生活を実現できる可能性は十分あると思います。
但し、現在の配当利回りは異常な状態なので、いずれはこれを解消するぐらいの株価、REIT価格の値上がりの可能性は十分あると考えています。

ちなみに、次の交流会の実施が決まれば今度のプレゼンは皆が気にしている公的年金のマクロスライドを考慮して、それに配当をプラスして65歳時点で最低限の生活を実現して将来の配当成長によって自分が長生きするリスクをも考えた投資について考えています。

今年から投資を始め最初の方は今年始めてラッキー、なんて思ってましたが、今月に入ってからは定期預金が最強だった??なんて思ったりしてます。反省は臨時投資で手数料割引なんかに踊らされてETFや新興国投信を買ったこと。積立だけなら傷はまだ少なかったんでしょうが。

と言う反省をしながら思わず買いたい病発動で、外貨MMFや単位未満株をちびちびと買い付けています。臨時投資で買いたい物は買うが、調子に乗らずに少額で自分を満足させるってのが良いみたいです。

しかしなによりも「続ける」と言うことに迷いはありません。そのためにも頑張って仕事で日本円を稼ぐのが大事ですね。

セリングクライマックスがすんだわけではない。

ひとつ忠告をさせて頂きます。今回の暴落ですが、まだ終了したわけではありません。週明けにトドメの-20%クラスがやってくる可能性もあります。確実に反転を確認してからの買い出動をするべきです。
投資格言「頭と尻尾はくれてやれ」です。

バーゲン好き

私もバーゲン好きで、買い進んでいます。
経済のメルトダウン。6年振りに体感します。
ワクワク・ドキドキそしてちょっとのニヤリ。
まぐろさんのおっしゃるとおり、最後の振り落としでありセリングクライマックス、日経平均6、000円台(もしかしたらそれ以下も)はあるかもと思っています。
一応、そこまでの追加購入資金は用意してありますが、それ以下になったら、指をくわえて絶好の買い場を見ているだけかもしれません。
本当の大人の投資家はまぐろさんのような方なのでしょう。
私はどうもこらえ性がないようで、動いてしまいました。
どうしても「決めた銘柄が決めたポイントに来たら買う」スタンスが変えられません。
また、今回も子供の投資家になってしまったか。
今回の相場の下落、反転、恐らく確認には相当の期間が必要かと思いますが、見届けて勉強したいと思っています。

浮かれつつ兜の緒を締める?

下げ相場楽しみ組みの喜びの声を聞くのは嬉しい限りです。

私も浮かれる毎日ですが、一方で兜の緒も締めねばとも思います。
先のことは分かりません。
↑も↓もありと思いつつ望まないと、足元が崩れかねませんもの。

先月三菱UFJ銀行がモルガンスタンレーの株を「底値」として(25.5ドルだっけ?)9000億円(その後普通株は3000億円に変更)購入されたことはご記憶と思いますが、昨夜のMSの終値は、「9ドル台!」。。。
12ドル半程度に回復しないと、M銀は減損処理で大炎上します。
M銀を始め、さすがの邦銀も、大型倒産続きで、貸し倒れが重なって体力を消耗し、この先のことに疑心暗鬼になってます。日本でもクレジットクランチ状況はおさまらず。欧米はなお一層。一方で、大量の資金枯渇企業軍が控えとる!!と、なかなかに怖い状況は続いております。

それに、今回のマイナスの大波が本当に100年に一度クラスの大物ならば、個人的には、現在の株価水準の半分くらいになることもありうるかなあとも思います(根拠なし^^)。

この陽と陰の両方を頭に入れて、なおかつ、下げ相場を楽しむのが、よいのではないかなあと思います。
「底値」判断については、私自身も何度か失敗していますが
(^^;)、よほど自信があっても、結構ギャンブル色があるのかなあと。。。もちろんそれが分かってなお挑まれるのは個人の趣味であって結構なのですが。

あ、、、すごくおせっかいでしたね(汗)。
しかも、、、悲観論。。。。(滝汗)

今回は、学ばせてもらいました。

確かに激動の1週間でした。
保有しているETFは、面白いように下がっていき、株価を見るのを止めました。
個別株だったら、平常心を保てませんでした。
ETFは売買手数料を節約するために、まとめ買いしたので、今は資金がないのでインデックスファンドを検討しています。
銘柄だけではなく、タイミングも分散することが大切と学ばせてもらいました。

相場もだけど、仕事の方が…

日経平均が1日で1000円近く下げたのを見たときは、流石に「は?」と呟いた後、固まってしまいました。スタンスを問わず、投資家でこの状況下で動揺しない方はいないでしょう。サブプライム問題表面化以前の水準にまで数値が戻ってくるのに何年かかるか、多分、10年単位の時間がかかると思います。とりあえず教訓としては、老後にまだ資産運用をしていたら、超ディフェンシブな方針でやるべきということですね。

それよりも不味いのは仕事の方ですが、やっと原油相場が落ち着いてきたと思ったら、今度は会社の主要取引先である輸出製造業の業績が急ブレーキときました。合理化と改善の嵐が吹きすさぶのは目に見えています。実体経済への影響はこれから本格化でしょうが、到来するであろうマゾプレイな日々に、戦慄と動揺を禁じえません。

個人的にはまだまだこれからのような気がするので、
買い増しは様子見中です。
毎月のノーロードインデックスの買いはそろそろ入れてもいいかなあとは思いますが。

今回の暴落で撤退したFXで戻ってくる資金をETFに回そうか検討中。EEMの基準値、一時期の半分くらいなんですよねえ。
焦って買わなくてよかった。

とはいえ、今買っていいのかっつーとそれも微妙ですけど。^_^;

買い時売り時

暴落時、これから十分投資期間の取れる長期投資家なら絶好の買い時ですね。

しかし、これまでうん十年かけて積み上げてきた利益が1年程度で半減したという方もいるでしょう。

さあこれから人生の果実の収穫期だ!と考えていたところの暴落だとしたら、その後の余生に多大な影響を与えることでしょう。

リスク管理、ポートフォリオ管理に尽きるのでしょうが、暴落局面において、出口戦略というものの難しさを常に感じます。

もっとも、私自身は「十分投資期間のとれる長期投資家」であるはずなのですが、皆さんのおっしゃる買いたい衝動に負け、すでに買い資金をほとんど出動させており、指をくわえて相場を見つめる毎日です・・・笑。
まあ、いきなり株価が元の水準に戻るとは考えにくいので、ぼちぼちドルコストでいくか、と諦観しております。

このブログ&読者は面白いですね。

メディアがこの世の終わりのようなことをいっているのに、
このブログ&読者は前向きに買い進む。
すばらしいです。

私も予定どおり中国株ETFをひたすら買っています!
バーゲンで買えて喜んでいます(喜
上海総合指数は天井の6400から見て、70%OFFの2000割れ!
非常に楽しい相場です。

私も楽観的に長期投資頑張ります。

今は大手を振って悲観論が言えるのが不思議ですね。
戻り相場だった5月、6月頃、今が最後のチャンスとばかりに
現金化を勧めたら袋叩きにあったのが嘘のようです。
そういう意味では、当たり前のように「まだ20%下がる」とか「半値になる」なんて
叫ばれるここらが底なのかなともちょこっと思いますね。

私は、諸外国(てか欧米)市場の見せ掛けの低PERや高配当に騙されずに
日本株と中国内需株を買っていくつもりです。
(もちろん損切りも忘れずに)

レバレッジをかけてバブルを演出しないと儲かる仕組みがない国やセクターや
市況が景気を大きく左右するような国は完全にスルーです。
こういうところは、小さなリバウンドが起こるだけで
結果的に本来あるべき価値にまで沈んでいくと思います。

自分と投資先を信じましょう。

メディアが悲観になればなるほど、私は今が楽しくってしょうがないです。
メディアのお仕事は、今を語ることですし。
長期思考なら、最新のニュースを見なくても良いんじゃないかと考えます。
むしろ気になるなら、見ないほうが良いんじゃないかなとも。
投資先をきっちり選別してさえすれば、
その時間を仕事や、趣味にまわしたほうが有意義だし、長期投資は本来、自分の時間を作るための手法でもあると思います。

愚直が一番ですね?(^^)
愚直に続けるのが一番楽チンですし楽チンとはシンプルであるって事でしょう
難しい時期でも色気付きたい時期でも常にシンプルであり続けるほうが良いでしょうね?

水瀬さんにとってはドルコストを続けるのよりコメントの返事を書くほうが余程、大変な作業に思えます(笑)

まぁ嬉しい悩みでしょうけれど(^^)

>皆さま

たくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。

この厳しい状況下において、いろいろな考え方があるのだと勉強させていただきました。
特に印象に残ったのが、

・まだ暴落が終了したわけではないという冷静なご意見
・むしろ買いたい病だというアグレッシブなご意見
・高止まりしていたLIBORが低下してきているとの意外な情報
・リスク管理・ポートフォリオ管理に尽きるが暴落局面において出口戦略というものの難しさを感じるとのご意見

などです。

今後の予測もいろいろいただきましたが、自分には今後どうなるかは分かりません。
自分のリスク許容度の範囲内で、自分が考えるとおりに市場に臨んでいくしかありませんよね。
言わずもがなですが投資は自己責任です。

ありがとうございました。

水瀬さま、みなさまのコメントを読むと、
ほんとに元気が出てきました。
それと、一週間の暴落を振り返って、
日ごろからいろんな意見を聞いていてよかったなと
つくづく思いました。

ここでの水瀬さまの
「FXは外貨預金の替わりになるか」という
議論が読めてよかったです。
おかげさまで、傷が浅くて済みました。
水瀬さま、そしてコメント欄の方々、どうもありがとうございました。

これから大反撃、みなさま、お互い頑張っていきましょう。

どんな、投資理論を駆使しようとも、
ここ数年間を考える限り、ただの貯金に勝てた投資法はほとんどありません。
『あんな利息では』と馬鹿にされていた預金が勝ち
『リスクをとらなければ、リターンも無いのに』と欧米から馬鹿にされていた邦銀が欧米を買う(この投資がいいかどうかはわかりませんが)。

預金にもインフレ等のリスクはある、とよく証券会社の売り文句でありますが、
下げ相場では相対的に強くなるという、リターンもあることは今回実感しました。
やはりリスクとリターンは表裏一体。
日本債権クラスの重要性がちょっとわかった気がしました。

ジョン.C.ボーグル Said

おつかれさまです。、、まだまだヨーロッパの銀行の状態が分からないのでクライマックスではなさそうですが。

ん~VIX値が75を突破したカーとか思わされますが、

http://www.morningstar.co.jp/news/video/index.html?selectedCategory=movie39より

自分のブログでボーグルからの新しい言葉をまとめていたのですが
・長期安定投資家の変えるべきこと
 →特に変えることは無い、投資は単純でビジネスを保有するだけ
  資本主義経済が安定・成長するのを待つだけ
・ビジネスは年間7.5%で成長していくことにより投資家は救われる。

何ってことがあるらしいです。

ゼロ化

お疲れさまです。いくつかブログを巡回していて、自分に対してfullのスタンスで投資を行っていた方、バッファーオーバーした方、ゼロ(倒産などにより20%減等で無く資産がまったく無い状態)が発生した方等色々いるなー。(自分もヤバイっすけど。)

ヤバイって言っていられなくなると ヤバイなと感じています。

まずは、市場でお金を泳がせて、色々勉強しよう!まだいまだに勉強中です!

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大100,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/09/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/09/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)