世界の株式市場が反発

急落していた世界の株式市場が反発しているようです。

【NIKKEI NET 2008/10/14より引用】
米国株、急伸――ダウ936ドル高と上げ幅最大、金融安定化への期待で
【NQNニューヨーク=荒木朋】13日の米株式市場でダウ工業株30種平均は急伸。9営業日ぶりに大幅反発し、前週末比936ドル42セント高の9387ドル61セントで終えた。上げ幅は過去最大。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は大幅続伸し、194.74ポイント高の1844.25で終えた。前週末以降明らかになった各国政府の金融市場安定化の取り組みを好感した買いが優勢になった。

 前週末にワシントンで開かれた7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議では金融機関への公的資金の注入などを柱とする「行動計画」の実施で合意。12日にはユーロ圏15カ国が緊急首脳会合を開き公的資金注入や銀行間取引の政府保証を含む行動計画を採択。銀行間取引の政府保証は米国も追随するとの期待が広がり、金融市場の安定化への期待から幅広い銘柄に買いが膨らんだ。

 米連邦準備理事会(FRB)など日米欧の主要中央銀行が同日、短期金融市場を通じて事実上無制限にドル資金を供給すると発表したほか、財務懸念から売りが膨らんでいたモルガン・スタンレーが三菱UFJフィナンシャル・グループからの総額90億ドルの出資が完了したと発表したことも買い安心感を誘った。追加の米景気対策への期待感も相場の押し上げ要因。ダウ平均は前週末までの8日続落で約2400ドル(22%)下げており、値ごろ感からの買い戻しも入りやすかった。

 S&P500種株価指数は104.13ポイント高の1003.35と、1000の大台を回復して終えた。業種別S&P500種株価指数は「エネルギー」の18%高を筆頭に全十業種が上昇した。フィラデルフィア証券取引所の半導体株指数(SOX)は10%弱上げた。

 ニューヨーク証券取引所(NYSE)の売買高は約21億4500万株(速報値)、ナスダック市場は約26億5000万株(同)。
【引用おわり】

【NIKKEI NET 2008/10/14より引用】
日経平均急反発、終値1171円高の9447円 過去最大の上昇率
 14日の東京株式市場で日経平均株価は急反発した。大引けは3連休前の10日比1171円14銭(14.15%)高の9447円57銭。上昇率はバブル崩壊初期の1990年10月2日(13.24%)を上回り、過去最大を記録した。10日の7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議後に欧州各国が金融機関への公的資本注入など金融危機対策を打ち出したことを好感し、主力株中心に買い戻しが殺到した。米政府による追加対策への期待もあって、三菱UFJやみずほFG、ソニー、武田といった主力株が軒並み値幅制限の上限(ストップ高)まで買われた。東証株価指数(TOPIX)も急反発。

 日経平均が一時1000円あまり下落し、バブル経済崩壊後の安値(2003年4月28日の7607円)が視野に入った10日から地合いが一変。10日までの7日続落による下落幅(3091円)の約4割を戻した。株価指数先物にも買いが膨らみ、朝方は日経平均先物とTOPIX先物に2日連続でサーキット・ブレーカー(取引の一時停止措置)が発動された。〔NQN〕 (15:26)
【引用おわり】

【NIKKEI NET 2008/10/14より引用】
欧州株大幅続伸 ロンドン株5.89%高 ドイツ株も5%超高
 アジア株の動向を受け継いだ14日の欧州株式相場は大幅続伸。英FTSE100種総合株価指数が正午(日本時間午後8時)現在、前日終値に比べ250.9ポイント(5.89%)高の4507.8、同時刻のドイツ株式指数(DAX)は同257.53ポイント(5.09%)高の5319.98で推移している。 (20:28)
【引用おわり】

まだ予断を許さない状態だとは思いますが、とりあえずほっとひと息ついたかたも多いのではないでしょうか。
ここから少しずつ戻していくといいですね。

関連記事


  





コメント

もう少し安く買い続けたかった。
含み損が減ってホッとした。

両方の気持ちがありますが、素直に喜ぼうと思います。

ところで今朝は駅でNYダウ上昇で日経新聞の号外が出ていて驚きました。

TOPIX・ETFが品切れで

午前中、売買不成立(爆)。最後はストップ高比例配分されたようです?こういう場合、ETFよりインデックスファンドが有利です!終値ですが売買成立します。小生も、今日、午前中でETFを諦めて、STAMインデックスに切り替え購入できました。こんな経験今までありませんでした(笑)。

損切りのはずが

月曜日の晩に海外ETFを全額損切りし約18,000ドルの損失を確定しようかと思ったら、予想外の急上昇。もたもたしていて正解でした。含み損が1日で約3千ドル圧縮され、ほっと一息です。
このサイトに訪れる皆様の超強気な相場見通しが励みになりました。どうもありがとうございます。
気を取り直して、バイ&ホールドを前月同様続けるとしますか・・・

とりあえず上がったので静観します。
先週からの指値はすべて失効してしまいました。
このまま、上がってしまったら早めの冬眠に入ります。
私は、取得単価を上げる買いは絶対にしないと言うトレードルールを決めてますので。
でも、しばらくはチェックが欠かせませんね。
このまま5年・10年の冬眠となるか、はたまた買い続けることになるかは相場次第。
投資時間は少なくとも後20年はありますので、タイミングがくるまで、じっくり待ちます。

祝!爆上げ

いやあお祭り騒ぎでしたね。
10/11・12の各国政府の協調行動(これでもかというほどの演出!)に、これで市場が反応しなかったらと、固唾を呑んでNY市場、特に、MSに注目してましたが、12ドル台後半で寄り付いて、ほぼ一本調子で上がって行って嬉しかったあ。

あ、あと、TOPIX1306、どうせ一本調子の上げだろうと思って、約定注文出しときましたが、約定しなくてびっくりしました。終始天井張付きですもんね。そうですか、ストップ高比例配分ですか。
Werder Bremen さんのような技があるとは。さすがですね^^。

あとは、意図しないマイナスイベントが起こっても、市場が許容して反応しないことを期待したいですね。
もし、再び、下げたら。。。そのときは、2番底に備えて、手ぐすね引いて待ち構えたいと思います(笑)。

長期的には、まだまだ

日経225ETFストップ高なんてはじめての経験です。
今日は華麗にスルーで(笑)
これで終わったかどうかは、まだわからないですからね。「安値ゲッツ!」と思ったらさらに下がった…なんて経験何度もしましたよ(汗)

私は買えました。1306。たったの10口ですが。
「ミスター・マーケット躁状態記念」のつもりだったのですが、「比例配分初体験記念」になってしまいました。
先週金曜日は「ミスターマーケット鬱状態記念」で827円で10口買いました。こっちは将来「どん底で買えたぞ記念」になるといいなぁ~。

>topgunさん

ホっとしてガッカリ、ですか?
複雑心理描写。(^^)


>Werder Bremenさん、Bホールドさん、kackyさん

ほぉ~、そんなこともあるんですね。
ストップ高の有無。ETFとインデックスファンドの違いとして認識しておきます。


>サラリーマンの蓄財日記さん

励みにされるのはいいのですが、投資判断は自己責任でお願いしています。
あんまり無理なさらないでくださいね。
ブログを拝見しているといかにも苦しそうです。。。


>takaさん

こういう荒れ相場の時こそ、感情に流されないようにしたいものです。
ご自身の投資スタンスを守られることが大切かと思います。


>nanaさんへ

勇気を持って行なわれた投資が、よい記念になるといいですね(^^)

懐かしいETFは儲かる発言

竹中大臣(当時)が「ETFは絶対儲かる」発言した2003年2月7日の日経平均終値は8448円でした。今の日経平均に似ていますね。

感情を殺しましょうか

頭では分かっていても、みんな実行できていないものですね。
やはり素人がしっぽを掴むのは無理なんですよね。
冷静に冷静に、焦らない焦らない。

竹中発言とその波紋

market trusterさん

竹中さんのETFに関する発言とその後の騒動は、記憶に残っています。
当時の日経平均の倍くらいに株価が戻っていたころ「なんだかんだ批判されたけど、あの時ETFを買っていたら、投資額が数年で倍になったんだ・・」と感慨深かったものです。
ずっと持ちすぎて、またもとの額に戻ってしまった方もいらっしゃるのでしょうけれど。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大100,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/09/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/09/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)