新しい友達は副業の達人だった!

水瀬ケンイチ

昨日、スノーボード初滑りに行きました。晴天にもかかわらず、かねてからの大雪で雪質も良く、とても楽しめました。張り切りすぎたおかげで、今日は夫婦揃って全身筋肉痛に襲われております (^^;

いえ、今日はスノーボードの話ではなく、一緒に行った友達Mちゃんの話です。Mちゃんはおくさんの友達のナースで、スキーヤーであるだけでなく、真冬でも海に入る気合の入ったサーファーでもあります。年に何度か、サーファー仲間たちとバリ島に行ってサーフィンを楽しんでいるらしいです。
けっこうお金もかかるだろうという話になったところ、「実は…」と語りだしました。

Mちゃんは副業で「モバオク」をやっているとのこと。
モバオクって何???聞くと、ケータイ専用のモバイルオークションのことらしい。しかも、月によっては本業の給料と同じくらいは稼げるとのこと。すごい!!
実際にどうやって稼いでいるのかというと、いろいろなところから商品を仕入れて、オークションで売っているというシンプルな方法です。それにしてもケータイひとつで、何十万円も稼げるものなのだろうか?

Mちゃんがコツを教えてくれました。


聞けば、商品には人気サイクルがあり、それを見極めることがコツらしい。つまり、水着は需要の少ない冬に買って、需要が盛り上がる夏前に売る。同じように、毛皮のコートは需要が少ない夏に買って、需要が盛り上がる冬前に売る。というようなことらしい。
また、流行に対するアンテナを高くしておくことも重要とのこと。例えば、ちょっと前に人気少女マンガの「花より男子」がテレビドラマ化するらしいという話を知り、「これは来る!」と感じたMちゃんは、すかさず、ブックオフで原作マンガの中古本を1冊105円で全36巻を揃えたそうです。実際ドラマが始まると、案の定、人気が沸騰し、オークションの相場もうなぎ登り。結局、12,000円で売ったそうです。仕入れ値の3倍!ちなみに、今はもう「花より男子」原作マンガの古本相場はすっかり上がってしまい、105円で売られていることはほぼないそうです。

余談ですが、これを聞いて、僕は株と似ているなと思いました。
需要が少ない安い時に仕入れて、需要が盛り上がる高い時に売る。そして、アンテナを高くして、時折訪れる特需を見逃さない。そして、みんなが買いたいと思う頃には、既に価格は高くなっている……。そっくりじゃないですか!

素人的な考えで、ヤフーオークションの方が有名で利用者も多く、PCだから情報もたくさん掲載できるので、もっと売りやすいんじゃないの?と聞いてみたのですが、意外にも、服や本など比較的低価格のものを売る場合は、モバオクの方がよく売れるそうです。Mちゃんの分析によると、モバオクの利用者はケータイしかもっていない若い女の子が多いからではないか。逆に、ブランド品など高価なものを売る時にはヤフーオークションがよく売れる。それは、ヤフーオークションの利用者は、お金を持っている大人が多いからではないかとのこと。
その分析、当たってそうです。脱帽!

最後に、Mちゃんが言った言葉が奮っています。
「でも、わたしがモバオクをやるのは、お金がほしいからだけじゃなくて、社会の動きを把握するため、マーケティングですよ。だって、朝から晩まで病院で働いていると、社会に疎くなっちゃうでしょう?」

こ、このナース……できる!!!
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ