身近なところにいた逆張り投資家!?

職場のリフレッシュルームで、「日経平均がバブル後最安値更新だってね」なんて数人で話していた時、「実にうれしいね」とのたまうやつがいました。
すると、「たしかに!」と同意するやつまでいました。

ただでさえ、身近なところには投資をやっている人がほとんどいません。
ましてや、この相場環境。
なのに、こんなところに気合の入った逆張り投資家がふたりもいるのか!?

と驚いていると…
どうやらふたりとも社員持株会をやっているとのこと。
株価が安いほうが、同じ天引き金額でたくさんの自社株を仕込めるというわけです。
勤務先の会社では、社員持株会に加入している人がけっこういます。
総務部&労働組合の強いプッシュもあるのですが、社員持株会による株式購入には数%の補助金が会社から出るので、それが目当ての人が多いようです。

ためしに、「自社株のほかはどんなものに投資しているの?」と聞いたところ、ふたりとも、「ほかはなにもしていない」との回答。
そ、それは究極の集中投資では。
会社が倒れると、勤務先と財産の両方を同時に失うダブルのリスクを負っているという意識は、本人たちにはないようです。

このご時世、分散したから安全というわけではないと思いますが、運用が自社株のみというのもなかなか痺れます。
投資は自己責任ですが、この逆張り投資家ふたりに幸あれと願うばかりです。
関連記事


  





コメント

水瀬さんのお勤めの会社はたぶん安泰だと思いますが、山一證券が潰れた時も「まさかあの山一が」でしたし、北海道の人の間では「北拓が潰れるはずはない」でした。

愛社精神自体は否定できないですが、リスクヘッジはしておく必要があるのではないでしょうか。私の身近なところでも、複数の生損保に勤務していた友人で「まさか」が起こっています。

ちょっと前の自分…

あぁ、まるで少し前の自分を見てるようです…
補助金は確かにおいしいのですが、株価が一年前と比べて数分の一になってる今、怖くて仕方ありません。
生活防衛金がなければ精神的な余裕は持てなかったと思います。
恐ろし恐ろし…

アレ?うちの会社も、総務部の人が来て自社株買いを進めていましたよ。。。どこの会社も一緒なのかな?

自社株を買う位なら、、何かもう少しいいものは無いかな?っと、考えさせられました。債券?グローバル株?なんってことを考えさせてくれるいいきっかけに成りました。

本日、バブル最安値を拝めたということで買いを発動しました(`・ω・´)シャキーン

逆張り最強です!

ちなみに自社株は…最弱ですorz

会社員でない私としては、
自社株購入という選択肢があるだけでもうらやましいです。

とはいえ、会社員だったとしたら、
自社株は買わないだろうなあ。
カ○ボウ崩壊に巻き込まれた身としては・・・

どんな会社も潰れない可能性はないと思っているので。
基本、分散。基本、インデックスです。^_^;

私の場合、月3千円の社員持株会のパフォーマンスの良さが、投信積立を積極的に行うようになったきっかけです。あとでドルコスト平均法という言葉を知りました。

しかしそのお二方はギャンブラーですねえ。

持ち株会

私も山一の例があるので、持ち株会には入っていません。
給付金もらってもリスクが高すぎますし、会社に資金拘束されている気がして、あまり推奨できませんね。
本当に投資を考えている人なら、自分でみんなやっていることでしょう。

密かに開始

つい1月前から、密やかに周りの方には黙って持ち株会に加入して、1福沢先生/mの積み立てを始めたりしています。この先短期ではおわらないであろう株式低迷期に更に市価の○%ディスカウントで買えるという事で、隠れてニヤニヤしていますが、さてさて、大輪の花になるか、それとも、萎れてしまうか。…ラービグ計画上手く軌道に乗れば良いなあ。

>レバレッジ君さん

うちの会社もどうなるかわかったものではありません。
「まさか」はあり得ると思っています。


>宴さん

宴さんのファイナンシャルリテラシーは確実に上がっているようですね(^^)


>silencejokerさん

どこの会社も考えることは同じなんでしょうね。
社員株主は経営側と利害関係が似ていますし、文句を言わない安定株主が多いでしょうし。


>kackyさん

市場にはそういうかたがいないとね。
シャキーンと頑張ってください(^^)


>マルキールさん

仰るように、どこの会社もいつどうなるか分かりません。
最低限の備えだけはしておきたいですね。


>ろくすけさん

投資のきっかけにはいいのかもしれませんね。
僕も新人時代、持株会って何?と思っていろいろ調べたりしたことを思い出します。


>siferさん

た、たしかに会社に資金拘束っていやですね。


>柑橘の国人さん

ここでバラしちゃっていいんですか?(^^)

自社株

はじめてコメントいたします。
自分は、自社株やってます!

それで、他の投資はやっていないので、
同じようにリスクヘッジできていなかったんだとわかって、
ちょっとびびってます(笑)

ただ、うちは奨励金が月に10%でるので、結構おいしいんですよねー。
それでも、やっぱり1点集中は危険なんですかねー??

社内からは、外部から伺い知れないような定性的評価が可能ですから、
そういう意味からも、メリットありそうですけどね。
(まあ、えてして、内部からは、あらの方が目についたりしますが。。。笑)

あ、あと、定年退職者なんかは、財産というより心の拠り所のようにして自社株を可愛がってたりしますよ(うちの父なんかも。。。)

でも、その拠り所が、もしもしぼんでしまったら、、、やっぱりダブルでショックでしょうね(^^;)

>くまったさん

10%の奨励金メリットとリスク集中のデメリットを秤にかけて、ご自身でご判断いただくのがいいのかなと思います。


>Bホールドさん

うちの父も同じですよ。。。(^^;;

自己責任

初書き込みさせていただきます。
いつも楽し区読ませていただいております。
ウォール街のランダムウォーカーでもマルキール先生が警告しているように、持ち株会にすべてを託すのはリスキーな気がします。

まぁ、個人的な価値観でしょうが、「うちの会社はダイジョウブ」と思うよりも、他業種の株を買うなりしただけでも、よっぽどリスク分散になるかと。

「持ち株会積立一万円毎に○百円の補助」と言っている知り合いに、上記の本読ませたら、インデックスも積立し始めた、とのことです♪

検討中だったりします

リスク覚悟で自社株買いをしようかな?なんて考えちゃってます。
思いっきり会社からの補助狙いですが、確かに倒産は怖い。さすがに1,2年での倒産は無いと思うのですが・・・

自社株やってます

今年から補助金目当てで始めました。
単位株貯まったら出庫して売り払う気まんまんですので
リスクはそれほどとらないかと。
まあ、総務に睨まれると怖いですけどw

損しても配当と通算できるようになるはずですので
そのときは税金分返して貰ったとおもうしかないです。

>テツさん

はじめまして、テツさん。
ウォール街のランダム・ウォーカーでも持株会について言及されてましたっけ。
日米でも状況は同じということですね。


>吊られた男さん、Norickさん

自己責任でやられるのであれば、ありだと思います。
その集中投資&補助金がインデックス投資を上回る可能性も十分ありえますし。
会社が傾むかないことをお祈りしております。

おもわぬリスク

こんにちは、さぼてんです。

持ち株会って私も新入社員のときからやってましたよ。
正確にはやらされてました‥
部署ごとにノルマがあって上司から独身の若手は狙い撃ちされました‥
こうなると、やめたくてもやめれません。

私の場合。株価が下がっていきましたが、退職の時に株式をそのまま持ち出し→4年ぐらいお蔵入り→会社が合併するというので株価急騰→運よくその時換金。(投資に目覚める) 

ちなみに今はその会社の株価は半分以下になっています。
私個人的な感想ですが、組織にもよりますが、かなりハイリスク・ハイリターンです。

私は自社株買いを退職金だと思って積み立てています。

自分の会社は超内需系(円高万歳)なんで、自社株以外は外国資産を中心に投資して、一応バランスを取っています。

長期(10年)積み立てのお陰で、今でも損益がプラスになっています。まあ、今回のショックの中で下落率が最も少ない方なのが効いているんでしょうけど。

>さぼてんさん

望まざる社員持ち株会が、うまい具合に事が運びましたね。
お見事!(^^)


>LEOPARDさん

なるほど。
社員持ち株会もひとつのアセットクラスとして組み込まれていてバランスしているんですね。

自社株持つのがいけないわけじゃないけど

かなり重要な点が出てきていないようなので
自社株について考えるときはポートフォリオという「資産」としての視点だけでは不十分です。
日々の収入というフローとの相関が強いことも忘れちゃいけません。

LEOPARDさんのような円高万歳な会社の場合、円安になれば給料にまでは影響しなくても、どうがんばってもボーナスなんかは減ってしまいますよね。
そういうときは自社株も下落してしまうのでダブルパンチです。

また、逆に自社株を多く持つと従業員としての立場と株主としての立場で利益が相反する場合もあります。
たとえば給与体系を見直して人件費を抑制しようとした場合、株価にはプラスで給与にはマイナスに働きます。
このとき従業員ならどんなにたくさん自社株を持っていても反対しないといけません。
給与の目減りはのちのちまで確実に影響を及ぼすのに対して株価なんてのはその時々でコロコロ変わるものなので、一時的なプラスに目を奪われるとまず間違いなく損をします。

あくまで一般論ですが、自社株持ってる従業員が多いと組合なども御用組合になってしまいやすいんですよね。組合員まで株価を気にするようになるので。

そこまで気にしてもしょうがないかもしれませんが、1つ目の「収入との強い相関」は考慮した上でバランスを取らないと、リスクを必要以上に大きくしてしまうことに気をつけましょう。

>アルビレオ師匠

その「収入との強い相関」の延長線上に、記事本文に書いた「会社が倒れると勤務先と財産の両方を同時に失うダブルのリスク」があるんだと思ったりします。
つまり程度は違えども同じような話ではないかと…(^^ゞ

水瀬さん
ええ、だから当初は書き込むつもりはなかったんですよ。でも

吊られた男さん
>確かに倒産は怖い。さすがに1,2年での倒産は無いと思うのですが・・・

倒産だけが自社株のリスクじゃない!

LEOPARDさん
>自社株以外は外国資産を中心に投資して、一応バランスを取っています。

バランスを取るなら収入との相関にも注意!

と釘を刺したくなってしまって。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大90,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/11/30まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/11/30まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)