オバマ氏勝利、金融危機克服へ希望託す

水瀬ケンイチ

オバマ大統領が誕生しました。

【NIKKEI NET 2008/11/05より引用】
オバマ氏勝利、金融危機克服へ希望託す
 【ワシントン=米山雄介】米国の新しい指導者を決める大統領選は、4日の投開票の結果、民主党のバラク・オバマ候補(47)が勝利した。イラク戦争や経済格差への不満を背景に、一貫して米国の「変革」を訴えた戦略が奏功。未曽有の金融危機で経済が最大の争点に浮上したこともあり、政策転換への期待が支持を押し上げた。世界経済が底割れの危機に直面する中、米経済の再生が次期大統領としての最優先課題となる。

 「米国に変革をもたらす」。2007年2月の出馬宣言以来、2年近くに及ぶ選挙戦でオバマ候補は「閉塞(へいそく)感に満ちた政治を変える」と主張。人種や党派による分裂を超えた「1つの国民」としての団結を呼びかけてきた。そのメッセージが有権者の心をとらえたのは、景気が急速に悪化、競争や経済格差を前提とした繁栄への夢や希望が色あせたためだ。 (16:00)
【引用おわり】

米国株式がマイポートフォリオの約半分を占めているので、他人事ではありません。
個人的には、日本の総理大臣よりも重要かもしれません。



記事によると、米国経済の再生が最優先課題となるそうです。
ぜひ、がんばってほしいと思います。
一方、個人的には、経済の主体はあくまで企業であり、企業が生産性を高めることが米国経済を再生する原動力だと考えています。
いたずらに規制を強化するのではなく、企業の「手助け」をしていただきたいと思います。

今後のオバマ大統領の経済政策に、注目したいと思います。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ