ネット証券の口座開設数が急増 10月は前月比2倍

水瀬ケンイチ

ネット証券の口座開設数が急増しているそうです。

【NIKKEI NET 2008/11/6より引用】
ネット証券の口座開設数が急増 10月は前月比2倍
 株取引を始める個人が増えている。大手インターネット証券5社の10月の口座開設数は、9月に比べて2倍の約6万口座となった。日経平均株価がバブル後最安値を更新するなど相場が乱高下する中で、買い時と見た個人が新たに口座を開き、株取引を始めようとしているようだ。

 5社はSBI証券、楽天証券、松井証券、マネックス証券、カブドットコム証券。対面証券よりも手数料が安いネット証券を通じて株式売買をする個人が多く、ネット5社で個人取引のうち約7割のシェアを持つ。10月の口座開設数は2006年6月の約7万口座以来の水準となった。

 すでに株取引をしている投資家は多くが含み損を抱えているため、株取引の初心者が口座を開くケースが多い。楽天証券が新規に口座を開いた人が買っている銘柄を調べたところ、ソニー、三菱UFJフィナンシャル・グループ、日産自動車、トヨタ自動車の順で多かった。「普段は銀行や新興市場銘柄が上位だが、長期保有目的で国際優良銘柄を買う動きが目立つ」(楽天)という。 (18:56)
【引用おわり】

株取引の初心者さんが、個別株の国際優良銘柄に手を出しているそうですが、投資信託を買っているかたも相当数いるはずです。
全体的には、10月は日本株インデックスファンドに資金が流入したようですが(関連記事)、初心者のかたが、どんな投資信託を買っているのか興味があります。

どこかのネット証券さんが情報を出してくれないかなぁ。

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ