楽天証券、外貨決済サービス&外貨建てMMF銘柄拡充は11月29日から

水瀬ケンイチ

楽天証券が今月のはじめに、今月下旬めどに始めると発表していた外貨決済サービス&外貨建てMMF銘柄拡充が、11月29日からと正式に決まったようです。
(関連記事)
2008/11/06 楽天証券、外貨決済サービスを拡充。ユーロMMF、豪ドルMMF、カナダドルMMFなど

当初の発表時、サービスの概要は、

■外国為替定時取引について
-取扱通貨は、現在サービスしている米ドルに加え、ユーロ、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、カナダドル、南アフリカランド、トルコリラの6通貨を追加し、計7通貨の取扱
-定時取引は、10時、14時の1日2回
-適用為替レートは、弊社の適用レート

■外貨建てMMFについて
-現在サービス中のゴールドマン・サックス・米ドルMMFに加え、ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド(日興外貨MMF)によるユーロMMF、オーストラリアドルMMF、ニュージーランドドルMMF、カナダドルMMFの4種類を追加
外国債券の外貨決済について
-買付け時は、従来の円貨での買付けに加え、当該外貨での買付けを実現。売却時の売却代金受取についても、円貨での受取りに加え、当該外貨での受取りを実現

■外貨受取サービスについて
-利金、償還金の受取りについて、従来の円貨に加え、当該外貨、当該外貨建てMMFでの受取りを実現 (外貨建てMMFについては、オーストラリアドル建て債券、ニュージーランドドル建て債券のみ可能)

ということでしたが、今回、追加情報がありました。
それは…


■外貨出金の手数料を一律約2,500円(円貨概算額)と今までの米ドル出金手数料(約4,000円)から大幅に引き下げ

■外貨建てMMFは10通貨単位から投資可能

とのことです。小さなことですが、より便利になりましたね。

願わくば、これらの外貨決済サービスを活用した、海外ETFの拡充(特に欧州ETF)が今後あるといいなあと思います。
楽天証券ならやってくれるんじゃないかと、勝手に期待しています(^^)


<ご参考>
上記ネット証券は以下から口座開設できます。(会社名をクリック)
楽天証券
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ