やっぱり楽天証券でもSTAM新興国株式&債券インデックス・オープンがノーロード!

カブドットコム証券・マネックス証券に引き続き、楽天証券でも、STAM 新興国株式&債券インデックス・オープンがノーロードで提供されるようです。
(情報ソース)楽天証券WEBサイト① 楽天証券WEBサイト②

僕のメイン証券会社でもある楽天証券さん。
やっぱりこうでなくっちゃね!(^^)

WEBサイトのトップページにお知らせが出ていないので、kackyさんにコメントで教えてもらうまで分かりませんでした。。
せっかくの良い情報、もったいないですよ!

(関連記事) STAMで騒がしい2週間でした…(^^;
2008/11/25
STAMシリーズに「STAM 新興国株式インデックス・オープン」および「STAM 新興国債券インデックス・オープン」が追加
2008/11/28
ノーロードでキター!話題のSTAM新興国株式インデックス・オープンとSTAM新興国債券インデックス・オープン
2008/12/05
マネックス証券でもSTAM新興国株式&債券インデックス・オープンがノーロード!

<ご参考>
上記ネット証券は以下から口座開設できます。(会社名をクリック)
楽天証券
マネックス証券
カブドットコム証券
関連記事


  





コメント

いい感じですね。

投信会社と証券会社がそれぞれ手数料の低さを競ってくれるような、投資家にとって理想的な流れになってきましたね。

2年前

約2年前、先進国群および新興国群に投資するインデックスファンドを血眼になって探していたことを懐かしく感じます。
(当時はネット証券でまともに購入できるようなものはなく、しかたなくアクティブファンドで代用していました。)
インデックス投資を始めたのもそのころからで、資金のうちのかなりのパーセンテージについて、投入していきました・・・。そしてサブプライム・・・・・。

今まで待っとけば・・・(笑)高い勉強代でした。

こういった商品の充実を通じて、インデックス投資に追い風が吹いてる気がします。そしてその風はだんだんと強くなっているような気がします。

そう思うのはわたしだけでしょうか。

イエス!イエス!!イエス!!!!

住信AMから発表があったときは、「販売手数料はどうなるんだろう?」と少しだけ不安がありましたが、杞憂に終わりましたね(^^)。

今までコストが高かった新興国への投資が、こんなに安くできるとは、、数年前なら想像もしなかったです。

インデックスファンドに関しては、
必要な部分がそろってきた気がしますね。

あとは、同じラインナップがETFにもと、
思うくらいでしょうか。

とりあえず、ETFを充実させるのは東証の方針なんですから、
『充実』という言葉の意味さえ理解してもらえればそれでいいんですけどね^^;

案外インデックスファンドの信託報酬が更に下がってETFが不要になる方がはやかったりして。。。。

>せーねんさん

健全な競争は大歓迎ですよね(^^)


>ジョガーさん

日本のインデックス投資環境は、着実に良くなってきていると思います。
でも米国にはまだまだ追いついていないので、これからも改善していく余地は大きいと思います。


>マルキールさん

お、落ち着いてください!(^^;;


>モンチさん

杞憂に終わってよかったですよね。
年金積立と同じように、販売手数料1.05%を予想するかたも多くいらっしゃったようですから。


>takeさん

インデックスファンドがETFと同じレベルの運用コストになったら、ETFは不要になるかたも多いと思います。
そうなったら素晴らしいですよね(^^)

SBI証券の扱い

SBI証券も申し込み手数料は無料で募集始めましたよ。

>MAT.Nさん

情報提供ありがとうございます。
さっそく記事にしてみました。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-941.html
これで主なネット証券は出揃いましたね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

STAM新興国シリーズの販売開始と年金インデックスファンド海外新興国シリーズの今後とかの其の壱

STAM新興国株式・新興国債券インデックスオープン(以下STAM新興国)が楽天証券、マネックス証券、カブドットコム証券でノーロードでの販売が発表された。 コレは喜ばしいニュースだ。

STAMシリーズの拡充とふと思うこと

以前の記事で、STAMインデックスシリーズに、新興国の株式、債券が販売されることを書きました。 STAM 新興国株式インデックス・オープン:信託...

STAM 新興国債券インデックス・オープンを購入

新商品 「STAM 新興国債券インデックス・オープン」を楽天証券で購入しました。 その商品内容とは

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大10,200円分の投信買付代金プレゼントキャンペーン実施中! (2017/05/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座&NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/05/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり


カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)