あけましておめでとうございます&今年の投資戦略

水瀬ケンイチ

迎春



あけましておめでとうございます。

先ほどマイナス40度のアラスカから生還しました。
(旅行記はまた後日書きたいと思います)

さて、2009年はどんな年になるのでしょうか?


ハイ、分かりません!(^o^)/
(インデックス投資家の模範解答(笑))

僕には市場の予測はできません。
ただ、長期的な世界経済の成長にはちょっと期待しています。
今朝、飛行機内で読んだ大晦日付けの日経新聞に、「資本主義経済には問題はあるが代わりはない」(寝ぼけ&うろ覚え)という主旨のことが書かれていました。
僕もそのとおりだと思っています。
資本主義経済は、人間の創意と工夫をうまく引き出し、スクラップ&ビルドを繰り返しながらも、少しずつ前進していくものなんだろうなあと。

なので、今年も自己責任のもと(←ここ重要)、「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」でインデックスファンド・ETFを粛々とバイ&ホールドしていこうと思っています。
幸い、この投資法は手がかからないので、人生のほうをより楽しむべく行動していきたいと思っています。

世の中には暗いニュースが溢れていますが、創意と工夫で、楽しく暮らしていきたい。
そんなことを考えている元旦です。

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ