株なんて安い時に買って高い時に売ればいい?

水瀬ケンイチ

2007年11月から景気後退局面に入ったことが、2009年1月に分かったそうです。

【Yahoo! JAPAN ニュース 2009/1/8より引用】
景気 山は07年10月 日米同時期に後退

 内閣府は7日、02年2月から続いた戦後最長の景気拡大期が07年10月に頂点(山)に達し、同11月から景気後退局面に入ったと認定する方針を固めた。高度成長期の「いざなぎ景気」(65年11月~70年7月、4年9カ月)を上回った今回の景気拡大局面は5年9カ月(69カ月)で終止符を打ったことになる。

 29日に開く有識者による景気動向指数研究会の意見も踏まえ、正式決定する。米国では、全米経済研究所(NBER)がすでに米経済の07年12月からのリセッション(景気後退)入りを宣言しており、日米経済はほぼ同時期に景気後退局面に入ったことになる。
【引用おわり】

景気後退しはじめてから、実に15ヶ月後の認定です。
景気の転換点を見極めることがいかに難しいかを示す、良い実例だと思います。
「株なんて安い時に買って高い時に売ればいい」という後講釈をよく聞きますが、それが容易ではないことを内閣府が教えてくれているような気がします。



僕は相場予測はできないと割り切っているので、毎月ドルコスト投資を続けています。
相場が高い時にも安い時にも同じ金額を買い続けます。
時おり、自信家の投資家から「バカだな~」と揶揄されることもありますが、少なくとも内閣府はそれを笑うことはできなさそうです。

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ