日興コーディアル証券と日興アセットマネジメントがまた買収?

日興コーディアル証券と日興アセットマネジメントが、買収される可能性があるようです。

【YOMIURI ONLINE 2009/1/17より引用】
シティ、2部門に分割…三菱UFJが日興傘下の2社買収検討

 【ニューヨーク=山本正実】米政府の支援を受けて再建中の米金融大手シティグループは16日、会社を、シティバンクなど銀行業務を手がける中核事業と、売却や業務縮小を進める非中核事業の二つの部門に分割すると発表した。

 非中核事業には、日興シティホールディングス傘下で個人向け証券業務と資産運用を手がける2社が含まれており、売却される可能性が高い。これを受けて、三菱UFJフィナンシャル・グループは買収の検討に入っており、週明けにも日興首脳に買収の意向を伝える。みずほフィナンシャルグループや三井住友フィナンシャルグループも買収に関心を示している。

 シティの発表によると、中核事業が集約される「シティコープ」には、預金の受け入れや貸し出しなど伝統的な銀行業務を行う商業銀行のシティバンクや、企業の合併・買収(M&A)の仲介などを手がける投資銀行部門が含まれる。一方、非中核事業を集約する「シティ・ホールディングス」には、日本で個人向け証券業務を行う日興コーディアル証券、資産運用会社の日興アセットマネジメントが含まれている。法人向け業務を行っている日興シティグループ証券は非中核事業に含まれていない模様だ。 シティグループのパンディット最高経営責任者(CEO)は同日、電話による記者会見で、日興コーディアル証券について「事業立て直しに貢献せず、経営が複雑になる」と述べ、売却を検討する考えを示した。
【引用おわり】

日興コーディアルグループが不祥事で上場廃止寸前になり、シティグループに買収されたのはつい最近だったような気がしますが、早くも売りに出されてしまうようです。
メガバンク3社が買収に関心を示しているとのことで、当分バタバタは続きそうです。

個人的には、資本関係がどうなろうとも、

・日興コーディアル証券が運営している投信スーパーセンターが継続的に運営されること
・日興アセットマネジメントが運用しているETF・投資信託が継続的に運営されること

を願います。
特に、買収のどさくさに紛れて、「事業運営の見直し」とかなんとか言って、低コストのインデックスファンドやETFの取り扱いを廃止したりしないことを祈ります。

この金融危機のさなか、資本関係のバタバタが続くのは仕方がないことなのかもしれません。でも、そのしわ寄せを個人投資家に負わせることのないような、資本政策を取ってほしいと切に願います。


(関連記事)
2008/07/31 投信スーパーセンター、日興コーディアル証券が運営へ
関連記事


  





コメント

お疲れ様です。三菱UFJ系への買収なんってのニュースの中であったような気がします。

そうするとカブコムと統廃合とか!?

初めまして。いつも拝見させていただいています。
私も長期投資のパッシブ運用というスタイルですが、長期投資家にとって最大のリスクは中途償還かもしれませんね。
投資対象が償還されてしまうと長期投資のメリットである節税効果もなくなってしまいますし、なにより他の投資対象を探さなくてはいけなくなりますし・・・。
たとえ投資してなくても同種のファンドがあることで競争が促進されるわけですしね。

持ってる人が売るって言ってるわけですから売るんでしょう。
ETFとか投信が激変とかはないにしても投信スーパーセンターはなくなってもおかしくないですね。仮に三菱UFJが買収したら同じようなところ2つも抱えておく必要ないですから。
近頃は証券会社が増えてますからくだらんこと言い出したら他の証券会社に根こそぎ移しちゃいましょう。昔ほど弱い立場じゃないと思います。

皮肉なのはBACの例

バンク・オブ・アメリカ(以下BAC)はメリルリンチを救済合併しましたが、メリルリンチが大量に赤字を出した事が影響してBACは17年ぶりの赤字に転落したそうです。
日興コーディアル、アセットマネジメントを買収する側の金融機関が買収の結果としてBACのような二の舞になると、その可能性も有り得そうです。
いずれにしても、金融業にとっては試練の時なので、我々の力だけではどうにもならないです。
そうならない事を祈ります。

>silencejokerさん

ネット証券の低コスト投信の品揃えが充実してきたので、差別化しづらくなってきてますからね。
あり得るかもしれません。あなおそろしや。。


>Falgonさん

途中償還は百害あって一利なしです。
くわばらくわばら。。。


>kackyさん

kackyさんはお若いので、利用金融機関の廃業の憂き目に遭ったことがないと思いますが、あのストレスは相当なものですよ。(複数回経験者談)
金融機関を乗り換えるのにもコストと時間がかかります。
個人的には、金融機関は投資家の人生をあずかる「生活インフラ」だと思っているので、ゴーイング・コンサーンすべきだと思っています。


>タカちゃんさん

ああ、その可能性もありそうですね。
シティのCEOに日興コーディアル証券は「事業立て直しに貢献せず」とまで言われちゃっていますからね…。

シティもそうとう不良資産を抱え込んでいるらしいので・・・
もはや売れるもんなら全部売れ!ってことなんでしょうね。
もう見得も外聞もないんでしょうねえ。

それにしても、日本の金融機関なら買ってくれるだろうって甘い読みが見え隠れしてるような気がします。

silencejokerさん
>カブコムと統廃合とか!?

もしも統合するなら三菱UFJ証券とでしょう。
ネット証券とそれ以外の証券会社は業務内容やコスト構造に大きな違いがあるので、ひとつにまとめるのは難しいです。
だから野村はジョインベスト証券を別に作ったし、日興も以前は日興ビーンズ証券を作ったわけで。

kackyさん
>投信スーパーセンターはなくなってもおかしくないですね

ですね。
ビーンズの場合は資本関係はともかく「別の証券会社」なので顧客の口座ごとマネックスに移すことができましたが、投信SCはあくまで販売仲介業者で、その顧客の口座を管理しているのは日興コーディアルです。
そのため投信SCを切り離して売ろうとしても顧客は自動的に移管とはならず、わざわざ会社を買い取る価値はほとんどありません。つまり買い手が現れることはまずない。
そのかわり、仮に投信SCが消滅しても日興コーディアルが無事なら口座の維持は可能なわけですが…その場合は取り扱いを停止するファンドが出るかもしれません。

P.S.
ちょっと余裕がなくてコメントできませんでしたが、インデックス投資ナイトの記事は楽しませてもらいました。
「いいなー、楽しそうだなー」ってことで(^^)

>マルキールさん

買値より高く売れれば、まあ投資成功と言えるのでしょうが、どうなんでしょうね。


>アルビレオ師匠

一点、事実関係だけ。
投信SCは運営事業者がコーディアル・コミュニケーションズから日興コーディアル証券に移り、証券仲介業者から金融商品取引業者そのものになっているようですよ。(記事本文の関連記事ご参照)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)