公的年金、不動産ファンドに投資検討。自分も検討。

水瀬ケンイチ

公的年金基金が不動産クラスへの投資を検討するようです。

【NIKKEI NET 2009/2/5より引用】
公的年金、不動産ファンドに投資 10年度から
 公的年金資金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2010年度から新たに不動産ファンドに投資する方向で検討に入った。すでに投資している株や債券と異なる値動きをする資産に投資することで運用リスクを分散する。厚労省は5年ごとに見直す公的年金の予想運用利回りを現行の名目3.2%から引き上げる方針で、国内債券に偏った資産構成を見直す必要に迫られている。

 厚労省は経済前提をもとに10年度から5年間の予想運用利回りを決め、GPIFが運用計画をつくる。これに先立ち、GPIFへの有識者助言機関である運用委員会で代替投資や収益率改善などの議論を始める。 (07:00)
【引用おわり】

現在の公的年金のアセットアロケーションは、国内債券65%、国内株式13%、外国債券11%、外国株式11%と、株式・債券のみです。
不動産クラスへの投資は、リスク分散と予想利回りの引き上げが目的のようです。



僕は年金運用をけっこう参考にしています。
自分のアセットアロケーションも国内外の株式・債券のみで、アセットクラスの種類で言えば公的年金と同じです。(比率は大きく違いますが)
個人的には、株式・債券だけというシンプルなアセットアロケーションもけっこう気に入っていたんですが、日本の年金基金が重い腰を上げるなら、ちょっと検討してみようかと思いました。

実は、3年前と1年前にも、J-REITへの投資を検討しています。
そのときには、配当利回りが3~4%台と、期待に満たなかったことから見送りました。
(関連記事)
2006/05/01 不動産投資はパス、それではREITはどうでしょう?
2008/04/28 J-REITへの投資を検討しましたが

さて、最近の配当利回りはどのくらいでしょうか。
調べてみると…
J-REITの全REIT平均予想利回りが、7.29%(2009年2月5日現在)じゃないですか。
これは、かなりいい線いっているのでは。

これから本腰を入れて、検討したいと思います。


(ご参考)
先日のインデックス投資ナイトで山崎元氏がJ-REITについて相場観を話されています。
ご興味があるかたはレポート記事(後半部分)をどうぞ。
2009/01/12 インデックス投資ナイト実況レポート(その3)
関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ