「超簡単 お金の運用術」(山崎元著)は金融危機下でも元気が出るインデックス投資本

水瀬ケンイチ

「超簡単 お金の運用術」(山崎元著)を読みました。
この本は、金融危機下でも元気が出るインデックス投資の良書だと思いました。

超簡単 お金の運用術 (朝日新書)
朝日新聞出版
発売日:2008-12-12
おすすめ度:5.0


山崎氏は、本書の「はじめに」のなかで、『運用が仕事でも趣味でもない「普通の人」にとっては、厳密にベストだが実行が面倒な運用方法や、考えなければ浮かんでこないような「好み」に合わせた選択肢を多数用意されるよりは、「ほぼ効率的で」、「自分が損しない」、「無難な」方法を一つ知っていれば、実用上は、それで十分でじゃないだろうか』と言っています。

そして、シンプルなインデックス投資をすすめています。
具体的アセットアロケーションや商品名も明記してあります。

でも、個人的にいちばんいいなと思ったことは、


本書が、100年に一度と言われる金融危機の真っ只中で書かれているということです。

相場悪化の影響を受けてか、ここのところインデックス投資本は元気がないように感じていました。
過去発売されたのインデックス本を今読むと、「でも相場の調子が良かった頃に書かれた本でしょ」なんて天邪鬼な感想を持ってしまうかたも多いはず。
最悪の相場環境を踏まえたうえで、それでもシンプルなインデックス投資が良いという主張は、読んでいて痛快です。

昨今の下落相場でしょんぼりしているインデックス投資家は、読むと元気が出ること請け合いです。
おすすめの一冊です。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ