わかりやすい!日米の投信市場の違いが凝縮された1枚の図表

日経電子版の記事に、日米の投信市場の違いがよくわかる図表が掲載されていたので引用させていただきます。

続きを読む

投信法改正で投資家の誤解が少しでも解消するといいな

graph023.png

12月の投信法改正に関する記事が、日経電子版に2つ掲載されています。

続きを読む

セゾン投信に日本郵便が資本参加。いったいどうなるのか

セゾン投信

「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」などを運用するセゾン投信に、なんと日本郵便が資本参加するそうです。

続きを読む

3か月で1000億円集まった「日興ブラックロック・ハイ・クオリティ・アロケーション・ファンド」の何がすごいのか

photo20140920.png
(Photo: 日興ブラックロック・ハイ・クオリティ・アロケーション・ファンド目論見書より)

「日興ブラックロック・ハイ・クオリティ・アロケーション・ファンド」という投信の純資産額が、わずか3か月で1000億円を超えたそうです。

続きを読む

日本初、レバレッジ3倍の新興国株トリプル・ブルベアファンド登場ですが、いつもの注意事項をば

currency-163476_640.jpg

SBIアセットより、日本初のレバレッジ3倍の新興国株トリプル・ブルベアファンドが登場しました。SBI証券の独占販売です。

SBI証券 WEBサイト
2014/08/11 日本初!新興国株の概ね3倍の値動きを目指すファンドが登場!

これまでも日本株や中国株などのブルベアファンドはありましたが、新興国株全体でしかも値動き3倍のトリプル・ブルベアファンドはありませんでした。投資家の選択肢が広がることは結構なことですが、ブルベアファンドに関しては、いつもの注意事項がありますので、あらためて取り上げます。

続きを読む

「経済的な合理性はなく、それをしないと経営が成り立たない販売会社には社会的な存在意義がない」(金融庁幹部)

photo20140612.png

投信の回転売買で手数料を荒稼ぎする銀行・証券会社に、金融庁がビシッと言ってくれました。

日経電子版 R&I ファンド情報 
2014/06/12 金融庁が投信販社に迫る 「脱回転・脱分配」

続きを読む

通貨選択型の投信を選ぶとパフォーマンスが悪いというデータ

2010年頃から「通貨選択型投信」が人気化しました。「○○ファンド」のあとに「ブラジルレアルコース」とか「トルコリラコース」などと書いてあるアレです。当時、毎月の分配金がよりたくさん出るということで、高齢者を中心に売れまくっていました。

その通貨選択型投信、その後のパフォーマンスが良くないようです。

続きを読む

前回の記事「その日本最大の投信は、9割が投資不適格債ですよ?」にいただいたネットの反応

前回の記事、「その日本最大の投信は、9割が投資不適格債ですよ?」には多くの反応をいただいたので、抜粋してまとめておきます。

続きを読む

その日本最大の投信は、9割が投資不適格債ですよ?

junk

日本の投資信託で長らく純資産残高1位をキープしていた「グローバル・ソブリン・オープン」(以下グロソブ)が陥落し、かわりに、「USハイ・イールド・ファンド」(以下USハイイールド)が1位になったそうです。

純資産残高でグロソブ首位転落 投信、高利回り商品に人気
 米国の低格付け社債に投資するフィデリティ投信の「USハイ・イールド・ファンド」が今月、国内投資信託の純資産残高で初めて首位に立った。これまで約12年間、首位を維持していた先進国の国債に投資する「グローバル・ソブリン・オープン」(グロソブ、国際投信投資顧問)は2位に退いた。
SankeiBiz 2014/04/17より


この投信を運用するフィデリティ投信は、「長期的に上昇トレンドが続いていることで、低格付け社債への理解が広がった」などと言っていますが、本当にそうでしょうか。

続きを読む

消費増税はパフォーマンス押し下げ要因。対策はないのか?

tax increase

4月1日より消費税が5%から8%へ上がります。来年10月には10%へさらに上がる予定です。その影響で、インデックスファンドのコストも上がってしまいます。

具体的には、イニシャルコストである「販売手数料」と、ランニングコストである「信託報酬」に消費税がかかっています。この部分がコスト上昇してしまいます(信託財産留保額にはもともと消費税はかかりません)。特に、信託報酬の上昇は、ファンドのパフォーマンスの押し下げ要因になるので、頭が痛いところです。

増税はいやなものですが、今さら文句を言っても仕方ありません。なんとか対策はないのでしょうか。

続きを読む

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)