ゴールデンウィーク早期リタイア考(その3) リタイアの先輩、女性に学ぶ

突然ですが、男性は女性よりもはやく死にます。

世界保健機関(WHO)の世界保健報告2006年度版によると、日本人の平均寿命は、男性79歳、女性86歳(ちなみに世界一!)と女性のほうが7歳も長生きです。
うちも、僕より相方のほうがきっと長生きすることでしょう。
ゆえに、「リタイア生活」が長いのは男性よりも女性であると言えます。

ということは、女性向けの本になにか早期リタイアの鍵が隠されているのではないか?
なんて安易な発想から、女性向けの生き方に関する本を、ゴールデンウィークにまとめて乱読してみました。
以降、読んだ本のなかで、「早期リタイア的観点」からヒントがあると思われた本について、コメントを書いておきたいと思います。
(なお、今回はかなりの長文です。申し訳ありません)


この本は、シングル女性のお金の悩みに、ファイナンシャルプランナー(FP)である筆者が一問一答形式で答えていくという内容です。

のっけから、シングル女性からの「ひとりの老後(55歳で退職)に向けていくらためておけばいいですか?」という早期リタイアに関する問答から始まります。
このケースでは、相談者は48歳ひとり暮らし、税込年収700万円、1ヶ月の支出30万円、貯蓄額300万円、住まい自宅マンション、ローン残高600万円という家計条件でした。
老後の収入と支出をシミュレーションした結果、筆者の回答は、「生活費を1割絞れば55歳で退職できる」でした。

退職金、厚生年金、企業年金等詳しい計算は本書をご覧いただきたいと思いますが、シングル女性の早期リタイアの相談にFPが答える時代になったという現実と、早期リタイア可能という回答に、パンチ一発もらった気分です。

それから、「住宅を買うべきか、賃貸生活を続けるかで悩んでいます」という住宅問題に対しては、「金銭的な損得だけなら購入した方がトク」と回答されています。
これには「おや?」と思いました。インデックス投資家におなじみの橘玲氏や山崎元氏の著作では、賃貸のほうに軍配が上がることが多いからです。
これは、計算が長寿の女性を前提に導き出されているからだと思われます。女性は、賃貸と持ち家の損益分岐点後の人生が長いのです。いいなぁ、女の人は(笑)。

うちの場合、シングルではなくいちおう夫婦なので、僕が死んだ後も相方はどこかに住まなくてはいけません。そう考えると、今は早期リタイア後も賃貸派の僕ですが、中古マンション購入等も検討に入れる必要があるかもしれないなと気付きをもらいました。


続きを読む

ゴールデンウィーク早期リタイア考(その2) 地に足の着いた早期リタイア本

早期リタイア、アーリーリタイア、ハッピーリタイア、セミリタイア……本屋に行くと魅力的なタイトルが付いた本がたくさん売られています。

ひととおり目を通すようにしているのですが、株で○億円大儲けとか、不動産投資で月○百万円とか、情報起業でセミリタイアとか、どれも儲ける部分に主眼が置かれていて、かつ、どこか現実離れした成功本だったりして、個人的にしっくり来ないものが多いです。

僕が探しているのは、もっと地に足の着いた、リアリティがある考え方やノウハウが書かれたリタイア本です。 例えば、先日ご紹介した「人生後半戦のポートフォリオ」(水木楊著)がそうであったように。
今回は、僕が今まで読んできたなかでいちばん参考になった早期リタイア本をご紹介します。

働かないって、ワクワクしない?
ヴォイス
アーニー・J. ゼリンスキー(著)Ernie J. Zelinski(原著)三橋 由希子(翻訳)
発売日:2003-09-01
おすすめ度:4.5

もう何回読み返したか分かりません。
タイトルと表紙はお気楽な感じに見えますが、中身は非常に真面目な人生訓です。
筆者は、別に怠惰になることをすすめているのではなく、「自由な時間」の使い方を見直そう、より多くのお金を稼ぐことより自分のために時間を使おう、とすすめています。

続きを読む

ゴールデンウィーク早期リタイア考(その1) リタイア修行と目指す生活

ゴールデンウィークは、運良く長めの休みが取れています。
しかしながら、何をしているかといえば、主夫やってます(笑)

朝食と昼食を兼ねたブランチを適当に済ませて、午後から出かけて、諸手続き(通販の返品やら電話の修理やら)を処理してきました。
夕方には、タイムサービスの商店街に行き、晩飯の買出しです。
最近は、豆腐など大豆製品が高い。おのれ、コモディティファンドのせいか!(笑)
商店街の激安野菜とわずかな豚コマで、なんとか旨いもん作って、生き長らえてやるわ。
暦どおりに働いている相方が帰ってくる前に作っておこうっと。

主夫業と節制した生活は、来るべき早期リタイア生活のための、ちょっとした「修行」みたいなもんですね。
早期リタイアというと、「南の島でリッチでゴージャスな豪遊生活」みたいなイメージがありますが、僕が目指しているのはそういう夢物語ではなく、もっと地に足がついた(泥くさい)リタイア生活です。

どんな生活かというと…

続きを読む

「人生後半戦のポートフォリオ」(水木楊著)に納得

「人生後半戦のポートフォリオ」(水木楊著)を読みました。
投資ではなく、早期リタイアに向けて参考になった本としてご紹介します。



この本でいう「ポートフォリオ」とは、金融資産のポートフォリオのことではなく、時間・カネ・モノのポートフォリオのことです。
筆者は、斬新かつ具体的な計算方法を用いて、時間を、カネとモノと比較してみせます。
そして、そのバランスを取ることをすすめています。

「あなたは生活を築こうとして失っている」という言葉のとおり、筆者は、時間を軽視していて時間貧乏になっている人が多いと指摘しています。
そこで、時間を大切にするために、以下の時間戦略を提唱しています。

時間戦略A モノはできるだけ持たない
時間戦略B 「ながら」の勧め
時間戦略C 自分時間のコストを減らす
時間戦略D 他人時間を減らす
時間戦略E 他人時間の中に自分時間を作る

具体的な戦略内容は本を読んでいただいたほうが良いと思いますので控えますが、なるほどなぁと納得できる内容でした。

続きを読む

死ぬ前に「もっと仕事をすればよかった」という人はいない

本日の日経一面のコラム「働くニホン」にあった一文に目をひかれました。

某ベンチャー企業の副社長(31)が、米ハーバード大ビジネス・スクール留学中に、最新の経営手法と共にたたき込まれた教えだそうです。

死の床にある経営者たちに人生を振り返ってもらった。すると「もっと仕事をすればよかった」という人はいない。誰もが「家族や自分のために時間を使いたかった」と話す――。どんなに成功しても、自分なりの「働く意味」を見出せなければ幸せになれない。


また、コラムでは、経済学者ケインズのこんな言葉も紹介されていました。

生きるために働く必要がなくなった時、人は人生の目的を真剣に考えなければならなくなる


ビジネス・スクールの教授や経済学者が、「働く意味」「人生の目的」を語っていることが、とても興味深いです。

続きを読む

早期リタイア実践者W君の壮大な計画 (その2)

前回の記事、「早期リタイア実践者W君の壮大な計画 (その1)」の続きです。

W君「日本全国行脚する」
ぼく「あ、あんぎゃ!?」

※あんぎゃ【行脚】
ある目的で諸地方を巡り歩くこと。(大辞林より)

W君「そう。全国を巡りながら、夢の実現に最適な場所を探す」
ぼく「移住か。おれもリタイア後の移住地を探したりしてるけど…」
W君「実際に行って、暮らしてみないと分からないだろう」
ぼく「まあね」
W君「日本白地図で、行った県を赤く塗りつぶしていく。信長の野望みたいでいいだろ?(笑)」

※信長の野望
1983年に発売された戦国時代歴史シミュレーションゲームの名作。(詳しくはwiki参照)

Hちゃん「いいね~!瀬戸内海の静かな島とかいいよ」
W君「おお、いいね!住んでみてー!!」

失うものを持たない男の行動力はすごい。
話をしていると何だか楽しくなってきます。

続きを読む

早期リタイア実践者W君の壮大な計画 (その1)

僕の友人W君。
彼は株で生活している早期リタイア実践者です。
早期リタイアを目指す僕にとって、彼は会う度にサプライズを与えてくれる、とても面白いやつです。
過去にも、何度かブログ記事に登場いただいています。
※参考記事 過去のW君伝説(多すぎて記事名を書けません…)
10 11

その日、僕は午後から休日出勤で、ダラダラ働いてました。
仕事が終わりかけた頃、わざわざ職場まで出てきて、そのまま帰るのは何だかもったいない気がしてきたので、数ヶ月ぶりにW君のケータイに電話をしてみました。

ぼく「いよう、久しぶり」
W君「おう、久しぶり。どうした?」
ぼく「今から飲もうぜ」
W君「いいよ。どこにする?」

さすがは早期リタイア組です。レスポンスがいい(笑)
新橋の安居酒屋で集合しました。
飲んだくれ友達のHちゃんも遅れて到着しました。ちなみに、Hちゃんは、某新興企業IR担当の仕事を辞め、現在、転職活動中です。
期せずして、無職ふたりに囲まれる水瀬。
これは楽しそうです。

続きを読む

早期リタイアと年賀状

そろそろ今年も残すところあと1ヶ月ですね。
この時期の僕の苦手なもののひとつ。それが年賀状です。

学生の頃は、毎年それなりに年賀状を出していたのですが、社会に出てからは、よくないことと分かりつつも、毎年、くれた人に返すだけ。それも、コンビニで買ったイラスト付き年賀状に、宛先を書いて送るだけでした。
もともと面倒くさがりな性格なのに加えて、ここ数年は、このネットコミュニケーション全盛の時代に、郵便はがきなんて非効率だろうなどと考えていました。

そんな年賀状ですが、考えを改め、今年から再開することにしました。
いったい、どういう風の吹き回しでしょうか…?

続きを読む

将来の日本をぼんやりと予想してみる

相互リンク先のmasaさんのブログ「貯金生活。投資生活。」に、「団塊世代も格差あり」という記事が出ています。

詳しくはmasaさんの記事をご覧いただきたいのですが、それによると、団塊世代のほぼ半数が、金融資産がゼロから500万円未満だというのです。
サンプル数が751といいますから、団塊世代全体の傾向を捉えきれているかは少々疑問ですが、それを差し引いても、僕にはちょっと驚きのデータでした。
それでも、彼らは「年金逃げ切り世代」ですから、金融資産500万円以下でも、定年後は、まだ年金で何とかなるのかもしれません。

では、現在30代前半である僕が定年する頃には、どうなっているのでしょう。
ぼんやりと予想してみました。

おそらく、少子高齢化の影響で、年金の給付水準は今よりもずっと低いと思われます。ざっくり半分くらいでしょうか(根拠なし)。
定年時に、金融資産が500万円以下しかないようだと、数年で、普通に暮らしていくこともできなくなってしまうと思います。

仕方がないので、国の生活保護のお世話に、ということになると思います。こうして、生活保護者は急増するでしょう。

しかしながら、その頃は、人口減少などにより、国の税収も落ちていることが予想されます。
生活保護者の数が増えすぎると、財政が破綻してしまいかねません。

いくら「健康で文化的な最低限度の生活を!」と叫んでみたところで、国もない袖は振れないでしょうから、生活保護の認定は、主に健康面の条件を厳しくして「ここまで」と線を引くでしょう。高齢であるとか、周囲に援助者がいないとか、多少からだが不自由というレベルでは、なかなか認定が下りなくなるかもしれません。

結局、どうなってしまうのか?

続きを読む

ペナン島の暮らし松竹梅

週刊SPA!10/10号特集「中流崩壊時代の新マネープラン」を読んでいたら、先月行ったペナン島での生活情報が出ていました。
※参考記事
2006/09/23 ペナン島がロングステイ先として人気がある理由がわかりました

特集内の「早めにリタイアして海外に移住したい」というコーナーで紹介されていた、マレーシア・ペナン島の生活費は、以下のとおりです。

ペナン島の生活費
(SPA!では、完全移住ではなく、観光ビザを更新して長期滞在する方法をすすめているので、「不在中に日本でかかる費用」が掲載されています)

記事には、「現地の人と同じ生活なら月6万円でも暮らせる」とあります。
やっぱり、ペナンでの生活費は安いですねー。僕は梅で十分!です。
ペナンでお会いした、ペナン駐在のT.Tさんの仰っていた相場感とも、ほぼ同様の内容です。

誌面では、年金海外生活ラボ代表の中西佐緒莉氏が、いろいろと解説をされています。
その中で、興味深い情報がありましたので、その言葉をいくつか引用しておきます。

続きを読む

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)