梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

低コストのインデックスファンド・ETFをバイ&ホールド、下町個人投資家のインデックス投資実践記を見てやってください。

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year」の運営委員長交代に寄せて

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year」の運営委員長が renny さんからイーノ・ジュンイチさんに交代するという発表がありました。...

ムックのチェックでショック!? でも楽しげな雰囲気だけちょい見せ…

監修しているインデックス投資のムック本のチェックが山場にさしかかっています。ほぼ最終局面にもかかわらず、見れば見るほど細かい修正点がたくさん見つかり、ショックで呆然としながらも、汗をかきながら修正しているところです💦でも、ムック全体はとてもにぎやかで楽しげな感じになっています。ブログをご覧の皆さまに、雰囲気だけちょい見せを……...

生保の節税目的の経営者保険、外堀から埋められて販売停止へ

節税目的の加入が増えている生保の「経営者保険」が、国税庁により外堀から埋められて、販売停止に追い込まれているようです。...

インデックス投資家の年に一度のお祭り「インデックス投資ナイト2019」は2019年7月6日(土)開催!

インデックス投資家によるインデックス投資家のための手作りイベント「インデックス投資ナイト」が今年もやってきます。開催日程が発表されましたので、お知らせします。インデックス投資ナイト2019 2019年7月6日(土曜日) に渋谷の東京カルチャーカルチャーにて開催! 今年のインデックス投資ナイト2019は、 2019年7月6日(土曜日)夕方 開演予定です。 場所は、昨年同様、渋谷の東京カルチャーカルチャーにて行います。...

監修しているのはインデックス投資のムック本、もはやこれは…

投資本の監修を仰せつかり、現在、原稿案と格闘中なのですが、ようやく全体像が見えてきました。...

春の訪れは人より木々の方が敏感に察知している(はずだった)

昨年秋頃から、近所の神社になぜか心惹かれるのです。仕事帰りなどによく参拝に行っています。...

米国株・米国ETFの配当・分配金に対する二重課税を外国税額控除で取り返そう!という米国株ブロガーの皆さまへ

東証マネ部に確定申告に関する記事が掲載されています。投資ブロガー的な観点で読んでみます。...

投信を買う金融機関選びに、格付会社による投信販売会社の格付けは役に立つか?

NIKKEI STYLE に「投信購入、顧客本位の金融機関選びは格付けを参考に」という記事が掲載されています。サブタイトルには「R&Iが5段階で評価、夏ごろまで40~50社」とあります。さて、投信を買う金融機関選びに、格付会社による投信販売会社の格付けは役に立つのでしょうか。...

公的年金の運用実績報告に対する各メディアの取り上げ方の違いには雲泥の差が!

先日、公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法)が、2018年第3四半期の運用状況報告を公開しました。最新の運用状況|年金積立金管理運用独立行政法人年金積立金管理運用独立行政法人のWebサイトです。当法人の運用状況、運用方針、運用委員会等に関する情報を掲載しています。www.gpif.go.jp...

国内ETFの「市場価格と基準価額の乖離」(2019年1月)、日興 上場MSCIエマ株 (1681)がアウト

ETF
個人投資家の期待を集めながらも、「市場価格と基準価額の乖離」の大きさが課題と言われてきた国内ETF。海外資産クラスの主要銘柄の2019年1月末までの乖離率について見てみましょう。...

書籍の監修に挑戦中

現在、ある書籍の監修をやらせていただいています。...

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」19年1月分の実行。163回目の積み立てでちょっと語ってゴメンナサイ

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」の19年1月分の積み立て投資を、本日1月30日に行ないました。 ブログで記録をはじめてから163回目の積み立てになります。※「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」とは、積み立て投資の退屈対策のためにやっている投資法に付けたテキトーな名前です。詳しくはこちらを参照。...

パックンさん、「インデックスファンドの父」ジョン・ボーグル氏が残した功績について語る

(Photo: テレビ東京WEBサイトより)お笑いコンビ「パックンマックン」のパックンさんが、テレビ東京の番組モーニングサテライトで、「インデックスファンドの父」ジョン・ボーグル氏が残した功績について報じていました。...

10年以上投資の話をスルーしてきた相方が「つみたてNISA」をはじめた理由

遅まきながら、相方が「つみたてNISA」での積み立て投資をはじめてくれました。...

フィデリティがすすめる出口戦略「持続可能な引き出し率」は何%?

投資における老後の資産取り崩し、いわゆる出口戦略の情報は貴重です。NIKKEI STYLE にフィデリティがすすめる「持続可能な引き出し率」の情報があったので取り上げます。...

久々に重版出来!「お金は寝かせて増やしなさい」が9刷り決定

フォレスト出版の編集さんから連絡があり、久々に拙著「お金は寝かせて増やしなさい」の増刷が決定したとのこと。重版出来(じゅうはんしゅったい)で9刷りです!...

退職後は人的資本と資産運用の関係がなくなる!?

トウシルに山崎元氏の「人的資本」の記事が掲載されています。そのなかで特に「退職と人的資本」というパートが興味深かったので取り上げます。...

備忘メモ

いま発売中の日経ヴェリタス 2019年1月20日号にコメントが掲載されましたが、具体的箇所等は私の心の中にとどめておきます。後からふり返った時のための備忘メモとして記録しておきます。...

【全部入りまとめ記事】低コストインデックスファンド徹底比較 2018年12月末

「低コストインデックスファンド徹底比較」シリーズ記事で取り上げた資産クラス(日本株式、先進国株式、新興国株式、全世界株式、日本債券)ごとのインデックスファンド比較の図表(2018年12月末時点)を、すべて1本の記事にまとめました。各資産クラスの高評価なインデックスファンドが一覧できますよ。...

【日本債券】低コストインデックスファンド徹底比較 2018年12月末

「低コストインデックスファンド徹底比較」シリーズ記事として、日本債券クラスの主要なインデックスファンドについて、2018年12月末で比較しました。...